blockchainjapan’s blog

旬のブロックチェーンを記事を厳選して提供!

誰もロールアップに関心を持たないのではないかという心配は杞憂となるか


誰もロールアップに関心を持たないのではないかという心配は杞憂となるか

著:Haseeb Qureshi

過去6ヶ月間のイーサリアムにおける最大の話題は、取引需要の爆発でした。トランザクション手数料は過去最高を記録し、多くの一般ユーザーがイーサリアムの利用を断念し始めた経緯があります。

ETH fees in USD. Credit: Coinmetrics

しかし、心配いりません。救世主が現れたからです。

もちろんロールアップのことです。VitalikはEthereumのスケーリングの未来をロールアップに託しました。主要なロールアップ関連プロジェクトは1億ドル以上の資金調達に成功しています。全ての主要なDeFiプロトコルは、まもなくローンチするロールアップの将来的な採用を約束し始めています。

ロールアップについてご存知でない方や復習が必要な方のために、非常に簡潔な概要をご紹介します。ロールアップは、その上に構築されたブロックチェーンのセキュリティ特性を継承するミニブロックチェーンであるといえます。ロールアップのバリデーターやオペレーターが信頼できない場合でも、あなたの資金が盗まれることはありません。ロールアップには、OptimisticロールアップとZK(ゼロ知識)ロールアップの2つの基本的なタイプが存在します。optimisticロールアップは、不正証明(誰でも自由に計算の真正性を証明できる)により保護され、ZKロールアップは、暗号(数学的に計算の真正性を証明する)により保護されます。ロールアップの詳細についてはここでは説明しませんが、より詳細を知りたい方はVitalik氏の記事をご覧ください。

ロールアップの優位性は、完全にトラストレスであることです。イーサリアムを信用するのであれば、ロールアップを同様に信用することができます。これは紛れもないスケーリングソリューションであり、Ethereumのリーダーたちにもその利便性が受け入れられています。

もう一点、ここ6ヶ月間のイーサリアムにおける2番目に大きな話題、Binance Smart ChainとPolygon(旧Matic)の台頭を見てみましょう。これはロールアップではなくサイドチェーンであり、完全に独立したPoSのEthereumクローンです。基本的には、既製のGethを使用してコンセンサスコードを抜き取り、ガスの上限を上げ、マルチシグを使ってEthereumにブリッジバックしているだけです。

Polygon(緑) vs Binance Smart Chain(黒) vs Ethereum(青)のトランザクション Credit: Our Network

PolygonとBinance Smart Chainのトランザクション件数は、イーサリアムよりも増加しています。また、AvalancheやNEARのような他のブロックチェーンも、Ethereumとのブリッジ機能を持つ独自のEVM互換システムを開発しています。

世界は基本的にこのようになっています:

これはシャーディングに似ていますが、Ethereum 1.0をビーコンチェーンとしたものであると説明できます。クロスチェーン転送やメッセージは、マルチシグやその場しのぎのブリッジ、少数の信頼できるパーティによりサポートされます。私はこのアーキテクチャを「貧乏人のシャーディング」と呼んでいます。

これが、現状におけるDeFiのスケーリング方法の実態です。

しかし、この悲観的な状況はすぐに終わりを迎えようとしています。なぜならロールアップがまもなく誕生するからです。

私はロールアップに期待しています。マジでそう思います。
ロールアップは破壊的でかつエレガントで、とても素晴らしいデザインを有しています。

しかし、その一方で、ユーザーがロールアップに関心を持たないのではないかと心配しています。その理由は以下の通りです:

レイヤー2の救世主

昔話をしましょう。

かつて、スケールしないブロックチェーンが存在しました。しかし、ある知識人たちが、ブロックチェーンをスケールさせるための~トラストレスなレイヤー2技術~を発明しました。ユーザーは興奮しました。

そして、何年ものハードワークの後、その知識人たちはついにレイヤー2の構築に成功しました。しかしユーザーがそれを使用することができるようになっても、実際には誰も使おうとしませんでした。

なぜなら、彼らはすでに他のもっと単純でジャンクなソリューションを使っていたからです。

この話には心当たりがありませんか?

ライトニングを覚えていますか?しかし人々はWBTCを使いました。

プラズマを覚えていますか?しかし人々はxDaiを使いました。

そして今、人々はロールアップを待つことなくPolygonやBSCを利用しています。

優れた物語は全ての人の問題を解決します。そしてこの物語、つまりロールアップ・スケーリング・ストーリーもまた、誰もが楽しめるものです。分散の最大化を目指す方々は、トレードオフなく Ethereumを拡張するという壮大なストーリーを語ることができます。トレーダーは、ロールアップによりETHが10Kドルになることを説明するチャートに線を引くことができます。また、AAVE-MATICを熱心にファーミングしたり、デジタル競馬にベットしながら、不思議そうにこの話を聞いています。

笑い事ではなく、これには、本当の意味での階級的要素が存在します。ロールアップはどちらかと言うとEthereumのインテリ層に圧倒的に支持されています。

しかし、多くの人々が既にPolygonやBinance Smart Chainを採用していることを無視することはできません。VCのオピニオンリーダーもこの事態を予測していませんでした。インドやインドネシア、タイ、フィリピンなど、発展途上国の膨大な数のユーザーがこれらのプラットフォームを利用しており、その多くはEthereumを使ったことすらないようです。

「銀行口座を持たない人に銀行を」という言葉を覚えているでしょうか?これらのプラットフォームは、実際にグローバルに展開しており、ユーザーが実際に関心を持っていることをアピールしています。

私はよく、現在の暗号ユーザーを動かす動機は3つあると言っています:

  1. お金を稼ぐ
  2. 楽しむ
  3. イデオロギー

この3つのうち、イデオロギーは最も弱いものです。そして私はこのイデオロギーのみがロールアップの採用を後押しする要因となっている状況を心配しています。

レイヤー2の問題点は、理論的には最適解であっても、実際にはそうでないことが多いのです。

ロールアップの苦悩

現在、PolygonではUniswapのようなシンプルなトランザクションに0.0001ドルかかります。Binance Smart Chainでは0.20ドルです。Ethereumでは約7ドル、Optimismでは約0.68ドルかかります。

ロールアップはサイドチェーンよりも高価なのでしょうか?

これは、全てのロールアップは最終的にEthereumにデータをポストしなければならず、これによりロールアップの料金はイーサリアムの料金に関連づけられます。各ロールアップはEthereumを一定の倍率でスケールすることになるため、多くのユーザーがすでに利用しているものと比較して、手数料はそれほど低くはなりません。

また、どのロールアップも正確にはEVMに対応していません。これらのロールアップの仮想マシンとEVMにはそれぞれ微妙な違いがあります。ArbitrumではAVMを、OptimismではOVMを使用していますが、それぞれがいくつかのコントラクトやEVMと互換性のあるツールを微妙にカスタマイズしています。ZKロールアップでは、ZKRがSolidityをゼロ知識回路にコンパイルして、ZKの仮想マシンで実行しますが、これはもはやEVMとは全く別の世界の話となります。これに対してPolygonの場合、コントラクトをコピペするだけで全てが機能することがわかります。

次に、ロールアップの資金の出し入れについて考えてみましょう。

Optimisticロールアップでは、資金を引き出そうとすると約1週間のチャレンジ期間があり、その間は出金が凍結されてしまいます。これは最悪です。そこで、マーケットメーカーは「迅速な引き出し」を促進するために、手数料を払ってユーザーの資産をクロスボーダーで迅速に移動させるプロセスを踏みます。マーケットメーカーが請求する手数料は、マーケットメーカーの資産の流動性により異なります。ETHを移動させる場合は0.2%程度ですが、例えば、dogeコインを移動させようとした場合、1%以上の費用がかかる可能性があります。資産によって十分な流動性がない場合、高速引き出しに全く対応できないことも考えられます。

ユーザーとしては、ロールアップによるDeFiポートフォリオを計画する際に、これらを考慮する必要があるでしょう。従来のマルチシグベースのブリッジをロールアップに使用することで、この出金問題を回避することも可能です。しかし、マルチシグ形式のブリッジでカストディリスクを取る場合、Polygonに比べて具体的にどのような点が改善されるのでしょうか? (なお、ZKロールアップでは、引き出しが事実上即時に行われるためこの問題は発生しません)

私が心配しているのは、このようなオーバーヘッドが存在すると、ロールアップはどちらのユーザーにも対応できなくなる可能性があるということです。もしあなたがセキュリティに強い関心を持っているスーパーホエールであれば、メインネットの手数料についていちいち考える必要は無いかもしれませんし、もしあなたが一般的な大衆ユーザーであるならPolygonでいいということになるでしょう。

さて、このような中で今後、どのソリューションが残るのでしょうか?

今後の潮流

この記事を作成する直前までしばらく、レイヤー2がどのように展開するかを考えていました。

Ethereum上の全てのDeFiプロトコルがレイヤー2にコミットし、あるものはOptimismを選び、Starkwareを選び、最も多くのブランドを集めたものが最終的に支配的なロールアップになると考えていました。

しかし、それが正しいメンタルモデルではないことは今では明らかです。圧倒的にDeFiプロトコルマルチホーミングであり、すでにAAVE、Sushi、CurveがPolygonでリリースされ、TVLは80億ドルを超えています。Sushiは5つのチェーンに、Curveは4つのチェーンに対応しています。Uniswapは長期間、Optimismとだけ提携していましたが、間近に迫ったArbitrumのローンチに伴ってその方針を変えて、マルチホーミング戦略を採ることになりました。

そして、Binance Smart Chainは「ここでローンチしなければ、フォークをローンチして、あなたが得られるはずだった収益を奪う」と皆に宣言しました。今後は、全ての主要なDeFiプロトコルが、全ての重要なチェーンに対して先手を打ってローンチすることになると思います。

では、ユーザーがどこに行くかを決めるのは、本当にプロトコルなのでしょうか?

または、プロトコルの行き先を決めるのはユーザーなのでしょうか?

今のところ、PolygonとBinance Smart Chainから得られた教訓は後者のように思えます。プロトコルはユーザーに追従し、それによって大きな報酬を得ています。

経験豊富な投資家は、それでも現状の視点ではロールアップが勝つだろうというコンセンサスを持っています。また、Vitalikはロールアップが大好きです。Ethereumの開発に関わる多くのメンバーもロールアップが好きです。ロールアップが主流になるでしょうし、ロールアップに投資するべきであると考えるのが定石でしょう。しかし、私は心配です。

この素晴らしいソリューションを誰も気にしないのではないかと心配なのです。ロールアップがもともと期待していたもの、つまりEthereumのエコシステムとスムーズに統合する、高速で安価なEVM互換のブロックチェーンを人々はすでに手にしているからです。

では、どうすればロールアップは長期的に勝てるのでしょうか?

私の考えでは、2つの方法があります。1つは、ロールアップではないサイドチェーンが壊滅的な失敗をして業界がMt.Goxのような教訓を学ぶことです。大惨事とは、「ノードが同期できない」「そこにあるはずの資金がなくなった」「チェーンが完全に停止した」というものです。その可能性はゼロではありませんが、おそらくありえないでしょう。

そこで、もう一つの方法としては、ロールアップが実際にそれらの簡易的な代替品よりも著しく優れたものになるということです。非中央集権的な美徳を示すだけでは不十分でり、この点について私個人としては、暗号技術とゼロ知識証明のコミットという1つの道筋しか見えていません。

ゼロ知識証明の基盤となる暗号技術は、ここ数年ムーアの法則のような軌跡をたどってきましたが、その勢いは今後も衰える気配がありません。ZKロールアップでEVMのような計算を行うことは以前は不可能だと考えられていましたが、zkSyncStarkwareは、ZK-SNARKを再帰的に合成して任意の長さの計算チェーンを証明することで、まさにそれを実現しようとしています。そのうち、現在のロールアップの定数倍のスケーリングをはるかに超える大規模な計算圧縮、プライバシー保護のスマートコントラクト、証明可能なMEV耐性なども実現させてくるのではないかと思います。

また、ZKロールアップでは、状態の成長はそれほど問題になりません。なぜなら状態がどれだけ大きくなっても、ユーザーはSNARKの配列を検証するだけで、常にその正しさを確認できるからです。

長い目で見れば、ZKの技術はどんどん向上・改良されていくでしょう。

zkSyncが生み出したzkPorterは、ValidiumとZKロールアップのハイブリッドであり、ユーザーは両者間をシームレスに移行することができます。データをオフチェーン化したValidium側では、Polygonと同等の料金を設定することができ、より高いセキュリティを求めるユーザーには、より高価なZKロールアップを利用することができます。これにより、ユーザーのあらゆる選択肢が一つの屋根の下に統合され、それぞれの間で完全な相互運用性が確保されるのです。

zkPorterのアーキテクチャ Credit: Matter Labs

私の考えではこれが未来の在るべき方向性であると確信していますす。

スケーリングにおける更なるイノベーションの扉を閉ざしてしまうわけにはいきません。ロールアップについて、私はこの部分に賭けています。しかし、未来は誰にもわかりません。ただ、もしユーザーが最初からロールアップを受け入れるのであれば、彼らにとってもEthereumにとっても最善なこととなるでしょう。

<この記事は飛行機の中で急いで記述したので、見落としがあるかもしれませんがお許しください。ドラゴンフライは、この記事で言及されているほとんど全ての銘柄を保有しています。IvanとCeliaの簡潔なレビューに感謝します>

原文:https://medium.com/dragonfly-research/im-worried-nobody-will-care-about-rollups-554bc743d4f1


zkSyncについて

最新情報は各種リンクから参加・フォローしてください。また、EVMと互換性のある最初のzkRollupを一緒に作ることに興味のある方は、チームメンバーとしての職種も募集しています。

zkSyncは、検証 ツールではなく 、数学に依存する

zkSyncは、セキュリティへの妥協なく イーサリアムのスケーラビリティを 解決していきます。楽しいゲームや貢献することなく何かが得られるようなイベントなどは一切ありませんが、DYORが得意で、トークンよりもプロジェクトに興味をお持ちであるという方は、下記リンクより各コンテンツをご覧になり、フォローすることをお勧めします。

WebsiteTwitterDiscordTelegramGitter|Medium(Matter Labs)

日本版 TwitterMedium|Telegram

SkyPrivateがアダルトエンターテイメント企業として初めてレイヤー2技術zkSyncによる暗号通貨ペイメントを採用


SkyPrivateがアダルトエンターテイメント企業として初めてレイヤー2技術zkSyncによる暗号通貨ペイメントを採用

External Team

アダルト業界のフィンテック・ソリューションSkyPrivateは、zkSync技術を用いたレイヤー2ペイメント・ソリューションを提供する業界初の企業となりました。

SkyPrivateは、ビットコインで生じる混雑が取引手数料の高騰や支払いの遅延につながっていることから、その問題を根本的に解決できるレイヤー2スケーリングソリューションを探していました。

zkSyncのソリューションは、チェーン上の「もの」を整理して少なくし、自動的に高速なトランザクションと低い手数料につなげます。

その他のzkSyncの利点は何でしょうか?

まず第一に UXです。この業界への暗号化導入のパイオニアであるSkyPrivateは、多くのケースに柔軟に対応できる暗号ペイメント・ソリューションを探していました。

その中で、zkSyncが提供するレイヤー2の新しいペイアウトオプションが非常に直感的で使いやすく、エラーに強いものであることを発見しました。しかも、zkSyncはあらゆるイーサリアムウォレットと完全に互換性があり、軽量なUXを提供します。開発者フレンドリーかつユーザーフレンドリーでもあるのです。

さらに、リアルタイム取引の可用性も決定的な要因となりました。SkyPrivateは、モデルやスタジオに対する24時間のビットコイン支払いシステムを採用していますが、この方法ではネットワークの混雑化によりコミットできないパターンが多々生じていたのです。

しかし、レイヤー2のスケーリングソリューションzkSyncを使用することで、取引の即時確認や数分以内の迅速なファイナリティにより、レイヤー1への安全な引き出しを短時間で行うことが可能になりました。

技術的な部分になりますが、zkRollupへの資金の保存は、レイヤー1への資金保存と同等に安全です。そしてもちろん取引手数料の低コスト化もあげられます。

SkyPrivateは、アダルト業界で初めてレイヤー2技術の使用を支払いに採用した企業となりますが、これは驚くことではありません。

なぜか?

SkyPrivateは、アダルト分野での常識の破壊者として既に知られているからです。

ビットコイン支払いを最初に提供し、アダルト業界で唯一、SkypeやDiscord、Telegramなどのコミュニケーションチャネル上にユーザーフレンドリーな支払いツールを構築している企業であり、今ではBitcoin、Ethereum、USDT、USDCを受け入れています。

そして、今後の受け入れ可能通貨のリストも増え続けていくでしょう。


zkSyncについて

最新情報は各種リンクから参加・フォローしてください。また、EVMと互換性のある最初のzkRollupを一緒に作ることに興味のある方は、チームメンバーとしての職種も募集しています。

zkSyncは、検証 ツールではなく 、数学に依存する

zkSyncは、セキュリティへの妥協なく イーサリアムのスケーラビリティを 解決していきます。楽しいゲームや貢献することなく何かが得られるようなイベントなどは一切ありませんが、DYORが得意で、トークンよりもプロジェクトに興味をお持ちであるという方は、下記リンクより各コンテンツをご覧になり、フォローすることをお勧めします。

WebsiteTwitterDiscordTelegramGitter|Medium(Matter Labs)

日本版 TwitterMedium|Telegram

SkyPrivateがアダルトエンターテイメント企業として初めてレイヤー2技術zkSyncによる暗号通貨ペイメントを採用


SkyPrivateがアダルトエンターテイメント企業として初めてレイヤー2技術zkSyncによる暗号通貨ペイメントを採用

External Team

アダルト業界のフィンテック・ソリューションSkyPrivateは、zkSync技術を用いたレイヤー2ペイメント・ソリューションを提供する業界初の企業となりました。

SkyPrivateは、ビットコインで生じる混雑が取引手数料の高騰や支払いの遅延につながっていることから、その問題を根本的に解決できるレイヤー2スケーリングソリューションを探していました。

zkSyncのソリューションは、チェーン上の「もの」を整理して少なくし、自動的に高速なトランザクションと低い手数料につなげます。

その他のzkSyncの利点は何でしょうか?

まず第一に UXです。この業界への暗号化導入のパイオニアであるSkyPrivateは、多くのケースに柔軟に対応できる暗号ペイメント・ソリューションを探していました。

その中で、zkSyncが提供するレイヤー2の新しいペイアウトオプションが非常に直感的で使いやすく、エラーに強いものであることを発見しました。しかも、zkSyncはあらゆるイーサリアムウォレットと完全に互換性があり、軽量なUXを提供します。開発者フレンドリーかつユーザーフレンドリーでもあるのです。

さらに、リアルタイム取引の可用性も決定的な要因となりました。SkyPrivateは、モデルやスタジオに対する24時間のビットコイン支払いシステムを採用していますが、この方法ではネットワークの混雑化によりコミットできないパターンが多々生じていたのです。

しかし、レイヤー2のスケーリングソリューションzkSyncを使用することで、取引の即時確認や数分以内の迅速なファイナリティにより、レイヤー1への安全な引き出しを短時間で行うことが可能になりました。

技術的な部分になりますが、zkRollupへの資金の保存は、レイヤー1への資金保存と同等に安全です。そしてもちろん取引手数料の低コスト化もあげられます。

SkyPrivateは、アダルト業界で初めてレイヤー2技術の使用を支払いに採用した企業となりますが、これは驚くことではありません。

なぜか?

SkyPrivateは、アダルト分野での常識の破壊者として既に知られているからです。

ビットコイン支払いを最初に提供し、アダルト業界で唯一、SkypeやDiscord、Telegramなどのコミュニケーションチャネル上にユーザーフレンドリーな支払いツールを構築している企業であり、今ではBitcoin、Ethereum、USDT、USDCを受け入れています。

そして、今後の受け入れ可能通貨のリストも増え続けていくでしょう。


zkSyncについて

最新情報は各種リンクから参加・フォローしてください。また、EVMと互換性のある最初のzkRollupを一緒に作ることに興味のある方は、チームメンバーとしての職種も募集しています。

zkSyncは、検証 ツールではなく 、数学に依存する

zkSyncは、セキュリティへの妥協なく イーサリアムのスケーラビリティを 解決していきます。楽しいゲームや貢献することなく何かが得られるようなイベントなどは一切ありませんが、DYORが得意で、トークンよりもプロジェクトに興味をお持ちであるという方は、下記リンクより各コンテンツをご覧になり、フォローすることをお勧めします。

WebsiteTwitterDiscordTelegramGitter|Medium(Matter Labs)

日本版 TwitterMedium|Telegram

SkyPrivateがアダルトエンターテイメント企業として初めてレイヤー2技術zkSyncによる暗号通貨ペイメントを採用


SkyPrivateがアダルトエンターテイメント企業として初めてレイヤー2技術zkSyncによる暗号通貨ペイメントを採用

External Team

アダルト業界のフィンテック・ソリューションSkyPrivateは、zkSync技術を用いたレイヤー2ペイメント・ソリューションを提供する業界初の企業となりました。

SkyPrivateは、ビットコインで生じる混雑が取引手数料の高騰や支払いの遅延につながっていることから、その問題を根本的に解決できるレイヤー2スケーリングソリューションを探していました。

zkSyncのソリューションは、チェーン上の「もの」を整理して少なくし、自動的に高速なトランザクションと低い手数料につなげます。

その他のzkSyncの利点は何でしょうか?

まず第一に UXです。この業界への暗号化導入のパイオニアであるSkyPrivateは、多くのケースに柔軟に対応できる暗号ペイメント・ソリューションを探していました。

その中で、zkSyncが提供するレイヤー2の新しいペイアウトオプションが非常に直感的で使いやすく、エラーに強いものであることを発見しました。しかも、zkSyncはあらゆるイーサリアムウォレットと完全に互換性があり、軽量なUXを提供します。開発者フレンドリーかつユーザーフレンドリーでもあるのです。

さらに、リアルタイム取引の可用性も決定的な要因となりました。SkyPrivateは、モデルやスタジオに対する24時間のビットコイン支払いシステムを採用していますが、この方法ではネットワークの混雑化によりコミットできないパターンが多々生じていたのです。

しかし、レイヤー2のスケーリングソリューションzkSyncを使用することで、取引の即時確認や数分以内の迅速なファイナリティにより、レイヤー1への安全な引き出しを短時間で行うことが可能になりました。

技術的な部分になりますが、zkRollupへの資金の保存は、レイヤー1への資金保存と同等に安全です。そしてもちろん取引手数料の低コスト化もあげられます。

SkyPrivateは、アダルト業界で初めてレイヤー2技術の使用を支払いに採用した企業となりますが、これは驚くことではありません。

なぜか?

SkyPrivateは、アダルト分野での常識の破壊者として既に知られているからです。

ビットコイン支払いを最初に提供し、アダルト業界で唯一、SkypeやDiscord、Telegramなどのコミュニケーションチャネル上にユーザーフレンドリーな支払いツールを構築している企業であり、今ではBitcoin、Ethereum、USDT、USDCを受け入れています。

そして、今後の受け入れ可能通貨のリストも増え続けていくでしょう。


zkSyncについて

最新情報は各種リンクから参加・フォローしてください。また、EVMと互換性のある最初のzkRollupを一緒に作ることに興味のある方は、チームメンバーとしての職種も募集しています。

zkSyncは、検証 ツールではなく 、数学に依存する

zkSyncは、セキュリティへの妥協なく イーサリアムのスケーラビリティを 解決していきます。楽しいゲームや貢献することなく何かが得られるようなイベントなどは一切ありませんが、DYORが得意で、トークンよりもプロジェクトに興味をお持ちであるという方は、下記リンクより各コンテンツをご覧になり、フォローすることをお勧めします。

WebsiteTwitterDiscordTelegramGitter|Medium(Matter Labs)

日本版 TwitterMedium|Telegram

あなたのBit.Countryを始めよう!

著:Bit.Country

 

イベント開催告知‼️
たのしいBitCountry 〜メタバースは僕らの手の中〜#1
7月1日 20時スタート 

connpass.com

Bit.Countryとはどのようなプロジェクトなのか? メタバース?え?メタヴァース?ゲーム?次世代マイクラ?NFTも?独自トークンも作れる? 仮想通貨?仮想現実?

現在公表されている情報を共有して、コミュニティの交流を深めていきましょう!

主な内容:

・Bit.Countryの概要 ・メタバースの世界観とは? ・現時点での考察 ・貢献及び参加方法 などなど…

るー@見習いリサーチャーやノンホルダー・リトのブログや動画も予習としてご覧ください https://linktr.ee/bit.countryjapan

初回ですからなおさら入りやすいと思いますし、常に皆が初心者です もちろんプレイヤーとして、NUUMホルダーとしてでも大歓迎です 興味を持っていただけたならぜひご参加ください👋

f:id:blockchainjapan:20210627064322p:plain

Bit.Countryは、コミュニティを主体とした分散型の世界です。

トークンエコノミーで誰もが自分のメタバースを始めることができます。
私たちは、ゲーミフィケーションを使ってコミュニティを管理&インセンティブを与えるためのオープンなプロトコルを持つネットワークを構築しています。

このコンセプトは独自に考案されたもので、分散化のパラダイムにインスパイアされています。そのビジョンは、誰もが(特にブロックチェーンの新規ユーザーが)ブロックチェーンネットワーク上にBit Countryとしてのコミュニティ、経済を作成できるようにすることです。

ユーザーは、独自のBit.Country、ブロック、セクション、アイテムをデジタルアセット(NFT)として作成することができます。UIでは、古典的な2Dウェブ表示と、ブラウザ内での3Dによる国の表示の両方が可能です。また、分散型のマーケットプレイスでは、ユーザー同士が自分のデジタル資産を取引することができます。

Bit.Countryは、ゲーム感覚でありながら、現実の経済にバックアップされた新しい社交の場を提供します。

Continuum

Continuumは、コミュニティにより駆動され、そのトポグラフィーは投票によってのみ実現されます。新たなスロットの可能性は、Bit.Countryの数や他のプラットフォームの要因により影響するオンチェーンロジックによって利用可能になります。

.そして、Continuum上の空きスペースが最高入札者にオークションされ、そのスロットの所有権がBit.Countryに与えられます。

Bit.Countryがコンティニュアムに登録されると、その通貨はDEXに上場され、Bit.Countryはネットワークリワードの受け取りを開始します。

Bit Country (BC)

自身のコミュニティのために自分の国を作る。

それは、あなたの心と文化を映す鏡です。

あなたの意志で設定できるルールを設定して、より多くの人を参加させましょう。そして、あなたの国を成長させ、仲介者なく複数の方法であなたのコミュニティを収益化することが可能になります。

Blocks

f:id:blockchainjapan:20210627073704p:plain

コンテンツは、フィールド全体を構成するブロックのいずれかに属します。各ブロックには、コンテンツが準拠すべきトピックが設定されています。各ブロックは3Dのボクセルビューで可視化することもでき、3Dの世界では自分の所有する区画にアセットを作成することができます。

ブロックの中にいても隣のブロックには簡単に行くことができるので、関連するトピックを隣り合わせにするという配置戦略が好ましいといえるでしょう。

住民は、ボクセルシステムで構築された世界であるブロックの異次元に入ることができます。そこでは、自分が所有している区画にアセットを構築することができます。

Economy

自国の通貨を作成したり、既存の通貨を輸入したりして、コミュニティに貢献した人にインセンティブを与えることができます。

あなたのコミュニティが成長するにつれ、あなたの通貨は取引所にリストされて価値を増していきます。これにより、コミュニティを発展させることで全員がより多くの利益を享受することができます。

国をオークションにかけ、その国に関わったすべての人に報酬を与えることも可能です。

Residents

他の人が作った国を探検することも可能です。

住人になって、コミュニティに参加しましょう。国によって、居住者固有のルールを設定することができます。

誰に対しても歓迎し、参加することで報酬を得られる国もあれば、居住権を申請しなければならない国も存在するでしょう。

Ownership & Governance

住民は、国のトークンを獲得することで所有権を得て、投票によって統治権を実行することができます。

Marketplace

同じブロック、Bit.Country、またはネットワーク全体内の居住者とあなたのNFTを取引します。

当社は、Substrateモジュールに分散型マーケットプレイスを構築しています。オークションやアイテムの処理は完全に分散化され、ブロックチェーンネットワークによって管理されます。

Virtual Dapp — Asset with Smart Contract

スマートコントラクトによるアセット管理

住民が所有する区画にアセットを構築することはもちろん、住民や訪問者と取引ができるスマートコントラクト対応のアセットも登場します。

住民がコミュニティに構築できるスマートアセットは無限の可能性を秘めています。

Technology

Substrateの技術を用いてBit.Country Chainを構築しています。トークンエコノミー、マーケットプレイス、NFT管理、ステーキング、ガバナンスなど、Bit.Country Chain特有の要件に対応した新しいモジュールを開発しています。

Why Substrate?

Substrateは、既存のモジュールやパレットを使用した生産可能なブロックチェーンソリューションを提供し、プロトコル開発の生産性を高めることができます。

基板技術はPolkadotのバックボーンでもあり、Bit.CountryのネットワークはPolkadotのエコシステムに簡単に参加することができ、共有されたセキュリティとその相互運用性の恩恵を受けることができます。

Substrateの詳細については、https://substrate.dev/ をご覧ください。

Substrate Runtime Developer Academy

また、当社はSubstrate Runtime Developer Academyの創設メンバーでもあります。

Substrate Runtime Developer Programは、業界の専門知識、インタラクティブな学習体験、公認の認定プログラムなど、最高のものを結集し、6週間でPolkadot/Substrateでプロレベルのプログラミングができるようにするものです。

このプログラムは、全ての要件を満たした受講者にSubstrate Expert Certificateを発行するもので、Parity Technologies社が推奨しています。Learn more

Stay Updated with Bit.Country development

公式:Website / Twitter / Medium / GitHub / Telegram

日本語版:Twitter / Medium

Bit.Countryは、映画『ロード・オブ・ザ・リング』を生んだニュージーランドで開発されました。

イベント開催告知‼️
たのしいBitCountry 〜メタバースは僕らの手の中〜#1
7月1日 20時スタート 

connpass.com

Bit.Countryとはどのようなプロジェクトなのか? メタバース?え?メタヴァース?ゲーム?次世代マイクラ?NFTも?独自トークンも作れる? 仮想通貨?仮想現実?

現在公表されている情報を共有して、コミュニティの交流を深めていきましょう!

主な内容:

・Bit.Countryの概要 ・メタバースの世界観とは? ・現時点での考察 ・貢献及び参加方法 などなど…

るー@見習いリサーチャーやノンホルダー・リトのブログや動画も予習としてご覧ください https://linktr.ee/bit.countryjapan

初回ですからなおさら入りやすいと思いますし、常に皆が初心者です もちろんプレイヤーとして、NUUMホルダーとしてでも大歓迎です 興味を持っていただけたならぜひご参加ください👋

LitentryがAutomata Networkと提携


LitentryがAutomata Networkと提携:アイデンティティ計算システムにおけるプライバシー保護を強化

Litentryは、アイデンティティ・コンピューテーション・レイヤーにおけるユーザーデータのプライバシー保護の強化に向けて、Automata Networkと提携したことを発表致します。Automata Networkは、Web3エコシステムのdApps向けに、ミドルウェアによるトレーサブルなプライバシーサービスを提供する分散型サービスプロトコルです。

最大限のユーザーデータ保護を提供

ブロックチェーン上でのデジタルインタラクションの増加に伴い、ユーザーは高い信頼性や安全性を求めるようになっています。ユーザーデータの保存と計算の保護には、厳格なプライバシー基準が不可欠となります。Automata Networkとのパートナーシップにより、アイデンティティの生成プロセスにおける潜在的なデータ漏洩を防ぐことができます。

信頼できる実行環境(TEE)

Automataは、Intel SGXをベースにしたセキュアなハードウェアアプローチ(Trusted Execution Environment)により、Litentryで行われるアイデンティティ計算が、悪意のあるアクターの影響を受ける事のない、隔離されたシールド環境で実行されることを保証します。これにより、TEEを介した読み込みデータは、機密性と完全性に関して保護されます。

TEEの実装は、Litentryアイデンティティ・アグリゲーションプロトコルにおいて重要な役割を果たします。Automataチームは、長年にわたりTEEを研究し続けており、分散型の高性能なプライバシー保護システムを実装した経験を有しています。

LitentryはAutomataのコンピュートノードであるGeodeを利用して、アカウントリンカーとアイデンティティアグリゲーションの2つの重要なパレットでユーザーのプライバシーを保護します。アカウントリンカーとアイデンティティ・アグリゲーションの計算プロセスは、Automataの隔離された実行環境で実装され、ユーザーの秘密鍵によってのみ計算結果が復号化されるため、データ漏洩のリスクを排除することができます。ここで重要なのはLitentryやAutomataのノードであっても、そのデータにアクセスできないということです。

Litentry
イノベーションは積み重ねる傾向があり、分散型デジタル・アイデンティティの世界は、我々の現在の仕事ですでに優先事項となっているプライバシーがLitentryの既存のアーキテクチャにますます織り込まれるようになると、特に強力なものとなるでしょう。”
- Litentry CEO Hanwen Cheng氏
Automata Network
“Automataの技術力は、ブロックチェーンネットワークの計算と管理をコアとして、多くの魅力的な可能性を提供します。プライバシーが標準ベースのデジタル・アイデンティティ・システムの普及を後押しするのはこの領域の発展にとって非常に重要なことです。”
- Automata Network 共同創業者 Deli Gong

Automata Networkについて

Automata Networkは、EthereumやPolkadotのdAppsにミドルウェア・トレーサレスプライバシーサービスを提供し、プライバシーで高保証のフリクションレスコンピュテーションを実現する分散型サービスプロトコルです。

Website | Telegram | Discord | Twitter | Github

Litentryについて

Litentryは、複数の分散型ネットワーク間でのユーザーのアイデンティティをリンクを可能にする分散型アイデンティティアグリゲーターです。Litentryは、複数のブロックチェーンとdAppsの間でアイデンティティ所有者のDIDデータをリアルタイムに取得する信頼性の高い手段をdAppsに提供します。DIDインデックスプロトコルとSubstrateによる分散型DID検証ブロックチェーンを特徴とし、分散型で検証可能な ID 集計サービスを提供し、コードの冗長性や不可知のDIDメカニズムから生じるを煩わしさを取り除きます。誰もがDIDメソッドを構築してLitentryに提出することができ、Web3で簡単にIDデータにアクセスできるようになります。

Litentryの最新情報やコミュニティ参加は下記リンクからお気軽にフォローしてください:

Litentryリンク
Web / Twitter / Medium / Github / Telegram /
日本語版Twitter / 日本語版Medium

LitentryがDeCreditと提携:分散型クレジットの可能性を追求


LitentryがDeCreditと提携:分散型クレジットの可能性を追求

著:Litentry

Litentryは、クレジット認証ノードとクレジットオラクルをレンディング商品にリンクさせるDeFi 2.0プロトコルとして知られるDeCreditとの戦略的パートナーシップを発表し、両チームは、今後レンディングの変革において、分散型クレジットの可能性を活かすために協力していきます。

分散型クレジット領域の導入は、レンディング業界のターニングポイントとなります。従来の担保付きレンディングモデルと比較して、分散型クレジットは、レンディングにおける適正な担保化を確保し、過剰な担保化を排除することで資源配分の遅延を緩和します。DeCreditは、オフチェーンクレジットをオンチェーンに接続するクレジットオラクルをリンクし、クレジット認証ノードでクレジットを検証することで、分散型クレジットサービスを提供しています。

今回の提携により、DeCreditはLitentryの分散型クレジット計算ネットワークにアクセスして統合することで、自社のクレジット認証システムの能力とパフォーマンスを強化します。また、LitentryのDIDクレジットを既存のクレジットモデルに組み込むことになります。

Litentryは、DeCreditプロトコルのクレジットオラクルからアイデンティティに関連するデータをインデックス化し、ユーザーの集約されたアイデンティティの正確性と完全性を高めることを目的としています。


DeCreditについて

DeCreditはDeFi 2.0のプロトコルで、既存の暗号化された担保付きレンディングモデルを前提に、信用レンディングモデル、つまり信用認証ノードと信用オラクルをレンディング商品に結びつけることで、DeFi市場を強化するものです。これにより、DeCreditは、DeFiが生み出した大きな勢いを利用して、より幅広い企業や個人に流動性支援を提供します。

Website | Twitter | Medium | Telegram

Litentryについて

Litentryは、複数の分散型ネットワーク間でのユーザーのアイデンティティをリンクを可能にする分散型アイデンティティアグリゲーターです。Litentryは、複数のブロックチェーンとdAppsの間でアイデンティティ所有者のDIDデータをリアルタイムに取得する信頼性の高い手段をdAppsに提供します。DIDインデックスプロトコルとSubstrateによる分散型DID検証ブロックチェーンを特徴とし、分散型で検証可能な ID 集計サービスを提供し、コードの冗長性や不可知のDIDメカニズムから生じるを煩わしさを取り除きます。誰もがDIDメソッドを構築してLitentryに提出することができ、Web3で簡単にIDデータにアクセスできるようになります。

Litentryの最新情報やコミュニティ参加は下記リンクからお気軽にフォローしてください:

Litentryリンク
Web / Twitter / Medium / Github / Telegram /
日本語版Twitter / 日本語版Medium